選ばれる理由

理由その1「採用クリエイティブ・コンサルティング」を行っている

「採用インタビュー動画の匠」にしかできないこと。それは、求人採用領域に特化した「採用クリエイティブ・コンサルティング」を行っていることです。

企業の求人・採用という領域に携わって、はや6年以上。
求人採用領域に特化したクリエイティブコンサルティングを行ってきた私たちだからこそ最も効果を発揮できる、採用動画の作り方や活用方法について確信を持って、お伝えできることがあります。

         

「採用クリエイティブ・コンサルティング」を行っている

映像制作技術・専門性 採用に関する専門的知識と経験
あり なし
高い 採用インタビュー動画の匠 一般的な映像制作会社
低い 求人広告制作会社 格安な映像制作会社

理由その2いま採用に「インタビュー動画」が求められている

学生や求職者は、企業の採用情報に「リアリティ」を求めています。 情報が錯乱している今の世の中において、「リアルに伝わること」が何よりも重要であることは、経験ある企業の人事担当の方ならお分かりかと思います。

       

特に、情報感度が高くて優秀な学生ほど、失敗しないよう、情報に「リアリティ」を求める傾向は顕著。なぜなら優秀な学生は、SNSに溢れている御社に関する「ナマ情報」をすでに掴んでいるからです。

       

実は、インタビューやドキュメンタリー動画は、「リアルに伝わること」において、非常に合理的な手法なのです。

                       
(リアリティなし)
公式情報
イメージムービー
(リアリティあり)
公式情報
OB訪問
インタビュー動画
ドキュメンタリー動画
(リアリティあり)
非公式情報
友達からの噂
Twitterのつぶやき
一般的な学生/求職者

優秀な学生/求職者

▲リアリティ度別に見た「学生が就職先を決定する」上で重要視する情報

     

理由その3採用動画を作ること自体を目的とはしていない

採用動画は、採用課題の「万能薬」ではありません。巷には、どんな種類の動画でも作る「なんでも動画制作クリエイター」に溢れています。 私たちは、採用活動に特化したクリエイティブコンサルティングを中心に行ってきた経験から採用活動の問題解決をすべて動画に求める「採用動画万能論」に異議を唱えます。それは採用活動に対して無知な動画制作会社が描いた「採用の幻想」だからです。

       

「採用インタビュー動画の匠」は、御社の採用課題に合わせて、最適な採用動画をご提案、ご提供できます。

理由その4「企業の採用活動5フェーズ」と「採用課題の法則」を熟知

採用活動における5つのフェーズ、そのそれぞれで起こっている課題と、課題の解決策には、ある一定の “ 公式 ” があります。

【1】 母集団形成(課題は「認知」されること)
【2】 会社説明 (課題は「興味喚起」「動機形成」すること)
【3】 面接   (課題は「志望度」を高めること)
【4】 内定承諾 (課題は「不安払拭」すること)
【5】 人材定着 (課題は「ギャップを減らす」こと)

       

「インタビュー動画」と「ドキュメンタリー動画」が本当に費用対効果高く、その価値を発揮できるのは、採用フェーズの終盤、「内定承諾」「人材定着」フェーズです。

ご存知ですか? 5つの採用戦略

   

↑TOP